FC2ブログ






プロフィール

髭じい

Author:髭じい
 散歩道で気ままに写した写真を少しづつアップします。
 何時の日か、我がピンボケ写真館の「書棚」と呼べるようにと願っています。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



アルテピアッツァ美唄
 写真サークルの仲間とマイクロバスを借り切って、 萌えるるような春を探しに美唄方面に向かいました。残念ながら、カタクリやサクラなどは記録的な高温で時機を失して、宮島沼のマガンやヒシクイも既に旅立っていました。

 気を取り直して、「アルテピアッツァ美唄」に向かうことに・・・。
 「アルテピアッツァ美唄」は、この地出身の刻家安田侃が、閉山になった炭鉱の学校跡地に開園した野外彫刻公園で、大理石やブロンズの作品が展示されています。

 氏の作品は、まわりの風景と一体の『空間作品』と聞いていたので、自分なり角度を探そうとしましたが、芸術空間というよりも、子どもたちの歓声が心地よく、懐かしさいっぱいの光景に心満たされたひと時でした。知らず知らずのうちに、安田マジックに取り込まれたのかもしれませんね。
 
s-DSC_6866.jpg

s-DSC_6895.jpg

s-DSC_7015.jpg

s-DSC_6939.jpg

s-DSC_6923.jpg

s-DSC_7003.jpg

s-DSC_6916.jpg

s-DSC_6993.jpg

s-DSC_6884.jpg

s-DSC_6879.jpg
スポンサーサイト





コメント
魚眼の素敵さ
 石川さんの文章は写真はもとより気品さいうような温かみがありますね。写真はどれも素敵です。時に魚眼レンズのものが!
[2015/05/03 16:36] URL | 朝日 均 #- [ 編集 ]

コメントありがとうございます
 言い訳めいた文章に、温情溢れるコメントをいただき、赤面の至りです。それに、魚眼レンズは不慣れなため、実は当日も自分の指や帽子のツバが写っていたりで散々でした(^_^;)。
 いつも、貴兄の画像処理技術の高さに感心しながら、勉強させていただいています。これからもよろしくご指導ください。
[2015/05/03 22:49] URL | 髭じい #7zS7PHqY [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック