FC2ブログ






プロフィール

髭じい

Author:髭じい
 散歩道で気ままに写した写真を少しづつアップします。
 何時の日か、我がピンボケ写真館の「書棚」と呼べるようにと願っています。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



遅れてきたオシドリ親子
 水鳥の母さん達が子育てを終えて飛び去って、寂しくなった8月下旬の北大大野池に、突然生まれたばかりの子ども8羽を連れたオシドリがやってきました。
 驚くとともに、この季節外れの親子をしっかりと見守っていこうと決意したのですが、しかし・・・・・。

s-DSD_2632a.jpg偶然に大野池に季節外れのオシドリ親子を確認。

s-DSD_2654.jpg池の周りの人に驚いたのか、母鳥は水草が生い茂る池の中央部に雛たちを集めて、神経質な鳴声を発しながら、そこから動こうとしません。

s-DSD_2707.jpg数時間後に、興味心の強い雛の一部が噴水近くに移動。慌てた母鳥は、雛たちをまとめて人のいない方へと逃げまどいます。

s-DSD_2647.jpgやがて、意を決したように沼に近い小川に向かって、水蓮の葉の上を猛ダッシュ。雛たちも必死に追いかけて行きました。

s-DSD_2731.jpgそしてあっという間に、薮に囲まれた小川に消えていきました。以来、再びこの池で親子を見かけることはありません。
 2週間経ったつい先日、風の便りに、3キロも離れたエルムトンネル付近で、子ども3羽を連れたオシドリが人を恐れて逃げまどっていたことを聞かされました。髭じいとしては、今はただ無事を祈るばかりです。  
スポンサーサイト





コメント
親子連れ
親子連れのオシドリ可愛いですね
いつも思うのですが オシドリのお父さんは何処へ?
母子家庭の子育ては大変ですね
無事を祈るだけですね
[2014/09/19 23:26] URL | yuttan34 #- [ 編集 ]


 yuttan34さん ようこそ『ピンボケ写真館』へ。
 オシドリのお父さんは、恋愛上手ですが、子育てには全く興味を示しません。お母さんが命がけで子育てしている間、あちこちの湖沼を遊び歩いています。
 そして、晩秋の恋の季節に備えて、美しく身を飾ることに専念します。オシドリ夫婦の名に悖る奴らですね。カモメやカラスの方がよっぽど良き夫婦だと思います。
 まあ、鳥の夫婦をとやかく言える立場の髭じいではありませんが・・・。
[2014/09/20 13:48] URL | 髭じい #7zS7PHqY [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック