FC2ブログ






プロフィール

髭じい

Author:髭じい
 散歩道で気ままに写した写真を少しづつアップします。
 何時の日か、我がピンボケ写真館の「書棚」と呼べるようにと願っています。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



ゴットマザーとその家族
  6月中旬、前代未聞のハプニングが起こりました。同日誕生したと思われる2組の家族が、同時に大野池でデビーしたのです。
 小さな池なので、ニアミスが繰り返され、親同士が牽制し合ったりしているうちに、ふた家族の雛がバラバラになり、どの雛がどの家族なのか全く判別が付かなくなってしまいました。

 やがて、私達が3年前にブローチと名付けた親が、そそくさと8羽の雛を連れて池を離れ、近くの草深い小川へと移動。その結果、残った18羽を取り纏めてできたのが、表題の『ゴットマザーとその家族』です。
 
s-DSF_7298_00008.jpg「くっくっ」と低いけれど力強い声を発しながら、池に残った雛を呼び集めるゴットマザー。

s-DSF_7774_00002.jpgゴットマザーはブローチとは反対に・・・。

s-DSF_0554_00008.jpg子供たちを、餌が豊富な上流の河川を目指しました。

s-DSF_0776_00002.jpg河川にたどり着くには、車道を横切り、カラスが近子育てている樹木の傍を通過しなければなりません。雛にとっては生まれて初めての大冒険です。

s-DSF_0735_00001.jpg無事目的地に着いて一休み。

s-DSF_0753_00016.jpg夕刻には再び塒のある大野池に戻ります。これだけの大家族となると、雛とはいえ迫力を感じますね。

s-DSF_0783_00001.jpg交通量の多い車道を通過すると、目的の池はすぐ近くです。

s-DSF_7756_00008.jpg日没後の湖面でも、マザーの誘導で一糸乱れぬ集団行動ができています。すでに他人の子も自分の子も関係ない家族となっていました。

s-DSF_0686_00003.jpgこれだけの子だくさんとなると、母親の翼の下に入りきることができません。

s-DSF_0694_00005.jpgストレス解消のためか、日に何度か母親が子供の元を離れます。じっと息を殺して帰りを待つ雛たち。

s-DSF_1522_00008.jpg雨宿りのときでも、雛が大きくなりすぎて、羽根の下で保護できなくなっていました。

s-DSF_1606_00002.jpg水の中では、子供達は母親からあまりはなれません。

s-DSF_1658_00001.jpgこの川には、半月早く生まれた10羽の子供がいて、遭遇するといじめられてしまう恐れがあるからです。これがその軍団です。

s-DSF_1681_00005.jpgこの軍団が、少しでも雛に近ずこうものなら、母親がこれに立ち向かいます。

s-DSF_1665_00002.jpgそして、ものすごい形相で追い払います。さすが、ゴットマザー。

s-DSF_0725_00002.jpgおかげで、雛たちは順調に育っています。

s-DSF_3830_00010.jpgそして、生後1カ月。立派な若鳥に成長していました。でも、その数が10羽、最初の家族と同数になってしまいました。


s-DSF_2144_00002.jpg母親を誘導して、塒に戻る子供たち。

s-DSF_2167.jpg母親の合図を待たずに車道に飛び出したりします。

s-DSF_3548_00018.jpgここが目的地の噴水。2羽の子供を連れたマガモを追い払って占領しました。

s-DSF_3471_00012_20170805161140da7.jpgでも、あの大軍団が現れると、この場を譲らなければなりません。母さんの戦闘力では、もはや太刀打ちできないのでしょう。

s-DSF_3690_00001.jpg悔しさをにじませながら、池の横の小川に移動です。

s-DSF_5826_00003.jpgそれから半月、生後2か月を迎えた子供たちが、実力ナンバーワンの地位を勝ち取りました。先に生まれた軍団が、飛ぶことができるようになり、子供たちが2~3組のグループに分かれてしまったために、戦闘力が著しく低下してしまったからです。
 やがてゴットマザーが親としての役割を終えて、子供達の下を去って、この子たちが独立するまでこ子の地位は揺るがないことでしょう。

 8羽の雛を連れて、小川の茂みに消えていった「ブローチのファミリー」については、後日掲載させていただきます。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック