FC2ブログ






プロフィール

髭じい

Author:髭じい
 散歩道で気ままに写した写真を少しづつアップします。
 何時の日か、我がピンボケ写真館の「書棚」と呼べるようにと願っています。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



キタキツネの子別れ
北海道では、母キツネが夏の終わり頃、突如として荒々しくわが子を本気で噛みついたりして巣穴から追い出します。子別れの儀式です。子ギツネはとまどいながらも、新しい土地へ散って行き、厳しい自然の中で独り立ちするとされています。
  しかし、北大構内では少し様相が異なります。母さんキツネが発情期を迎える1~2月まで、子ギツネがまとわりついて母キツネを困らせることもしばしばです。時期外れとなりましたが、半年間の親子の攻防を振り返ってみます。

s-DSF_2873.jpg6月初め、母さんキツネが「関係者以外立ち入り禁止」のエリアで育てていた2匹の子供を連れて、北大農場に姿を見せるようになりました。

s-DSF_3171.jpg以来、母さんキツネはスパルタ教育教育を開始。でも子供は遊び半分で、なかなか言うことを聞きません。

s-DSF_3363.jpg今日は母さんキツネの説教。

s-DSF_3960.jpgもう9月、体は大きくなっても、甘えん坊ぶりに変化なし。

s-DSF_3720.jpg母さんキツネも、「いい加減にしなさい」と怒るが、噛みついたり遠くまでおいかけたりはしません。

s-DSF_3365.jpgそおっと母さんに近付き・・・。

s-DSF_3080.jpgおんぶ?。

s-DSF_3387.jpg猛烈に怒った母さんキツネ、この時ばかりは農場の外れまで追いかけていきました。

s-DSF_3993.jpg秋気漂う農場の外れで、不安そうに過ごす兄弟。よその子はもう自立してるのに。

s-DSF_4754.jpg初雪が降った11月のはじめ、未練がましく母さんキツネに近付く、子キツネ。

s-DSF_4758.jpg威嚇する母さん。

s-DSF_4510.jpg名残惜しそうに去っていきました。もう見かけは立派な雄キツネなのに・・・。

s-DSF_4931.jpg11月半ば、北海道は既に冬たけなわです。子ギツネがじっとみつめるのは、母さんが数年間、冬期の塒にしてきた3方を林に囲まれた1ha程の放牧地。まだ、母さんが恋しいとは・・・。

s-DSF_7063.jpg気配を察して、体全体で威嚇する母さんキツネ。

s-DSF_7067.jpgそれでも、少しづつ間を詰めて、母さんの傍に・・・。

s-DSF_7097.jpg唸り声を立てて叱る母さん。

<s-DSF_7090.jpgもう一匹の子ギツネも駆けつけて、母さんにスキンシップを強請る。

s-DSF_7096.jpgたまらず悲鳴をあげて逃げ出す母さん。

s-DSF_7087.jpg嬉し気に母さんの後を追う兄弟。親の心知らず。

s-DSF_7098.jpgこの日を最後に、母さんキツネは、このエリアから姿を消しました。以来、北大構内でその姿を見かけていません。優し過ぎる母さんの子別れか。
 尚、時々このエリアに現れるキツネは、何となく兄弟のどちらかのような気がしますが、それも定かではありません。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック