FC2ブログ






プロフィール

髭じい

Author:髭じい
 散歩道で気ままに写した写真を少しづつアップします。
 何時の日か、我がピンボケ写真館の「書棚」と呼べるようにと願っています。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



薄倖なマガモ家族
 今年、北大構内で無事に孵化したマガモは3家族(もちろん全て母子家庭ですが)でした。
 最初に大野池デビューしたのは7つ子の家族で、その次が2つ子、どちらも数日で大野池周辺から消え去りました。カラスやドブネズミに襲われて全滅したものと思われます。
気弱でおっとりした母ガモが子育てするには、環境が厳し過ぎるのかもしれません。昨年も無事に成長したのはたった1羽でしたし、ここ数年は薄倖な家族ばかりを見続けてきました。
 そんな中、8月に入って突如9羽の子を連れた3番目の家族が現れました。物怖じしない強気な母さんなので、今度こそは無事に育ててくれるものと期待しながら見守ったのですが・・・・。

s-DSF_1110.jpg池に続く小川に、生まれたばかりの子供を連れて出現。

s-DSF_1015.jpg自分の子供に近づこうならば、何者にも容赦なく攻撃するオシドリの猛母家族と遭遇。「やばい」と思った刹那、マガモの母さんがこの家族に猛然と襲い掛かったではありませんか。マガモがオシドリに向かっていく姿は、これまで見たことがありません。

s-DSF_5932.jpgそして、ポプラの綿毛が水面を覆う格好の餌場を子供たちのためにゲット。

s-DSF_1111.jpgお腹がいっぱいになったところで、池に向かって出発進行。すごい母さんですね。

s-DSF_1306.jpg無事に家族全員が大野池に到達。

s-DSF_1112.jpg以来、池を訪れる人や犬なを恐れることなく、池周辺で堂々と子育てを開始しました。

s-DSF_1144.jpg広いエリアで子供たちも元気いっぱい。

s-DSF_1282.jpg特に、水蓮の葉の上で遊ぶのが大好き。

s-DSF_1372.jpg水蓮の茎や葉についたアブラムシのような生物を好んで食します。

s-DSF_1239.jpgこのように母さんの指示どおり整然と子供達が行動したのは3~4日だけ・・・・。

s-DSF_0521.jpg池に慣れると勝手気ままに行動するようになりました。

s-DSF_1283.jpg迷子になって、ピーピー鳴いて母さんを呼ぶ子も。

s-DSF_1115.jpg自由奔放な子供達を何とかまとめて、日に何度か餌場や休憩場所を移動します。、子供たちの足取りも随分しっかりしてきました。

s-DSF_0412.jpgこんな仕草を見せるようになりました。でも、飛べるのはもっと先だし、それまで母さんから学ぶこと沢山あるんだよ。

s-DSF_1404.jpg母さんを先導する子も現れました。将来のリーダ候補カモ。

s-DSF_1281.jpg残念ながら、白い水蓮の中で仲良く遊ぶ姿を最後に、この家族も2週間以上姿を見せてくれません。
 ただ、子を亡くした母ガモの多くは、パニックに陥って、2日間ほど大声で鳴き叫びながら池や河川周辺を飛び回りますが、幸いそうした情報はありません。どこかで恙無く生てくれていると信じることにています。
スポンサーサイト




オシドリ3兄弟、ついに飛んだ
  巣立ち直後にカラスの襲撃を受け、頭部に大きな裂傷を残した母さんオシドリが、3羽の子を立派に育てました。
  髭じいの計算では、生後45日前後であろう先日、そろって飛び立つ姿を目撃。自立への大きな飛躍に、年寄りの涙腺が緩みます。
 痛々しい体で、子供に愛情を注ぎ続けた母鳥に心を込めて乾杯。お疲れ様、そして格別に美味しい晩酌、ありがとう。

s-DSF_7933.jpg窮地を脱して、生き延びた親子が大野池に続く河川に姿を見せてくれました。

s-DSF_7881.jpgポプラの綿毛が降りしきる中、子供達は生きる喜びを謳歌するかのよう・・・。

s-DSF_7925.jpg見るものすべてに興味津々。

s-DSF_8203.jpg母さんから離れられない甘えん坊も。

s-DSF_8422.jpg大きな木の葉野上でお遊び、楽しいよ。

s-DSF_8367.jpgでも、お母さんと一緒のほうがよさそう。

s-DSF_8798.jpg母鳥の頭部の陥没が心配。人間ならば、要緊急入院だろうに。

s-DSF_8815.jpg子供が元気に育っているのが、救いではあるが・・・・。

s-DSF_8819.jpg一週間後に新たな家族が大野池デビュー。他の鳥が雛に近づこうものなら、猛ダッシュで攻撃する猛母に、恋のバトルで名を馳せたあの「トモエ」ではないかとの噂もちらほら。

s-DSF_9076 3羽の母さんは、「君子危うきに近寄らず」の方針で、この家族と一定の距離を保って過ごしています。

s-DSF_9402.jpg時には餌場を譲って、道路横断して移動することも。

s-DSF_9316.jpg順調に成長した子供達、もう母さんの体の下に入りきれません。「頭隠して・・・」のようで笑えますよね。

s-DSF_9636.jpg温かい日溜りの中で、お互いに毛繕いし合っています。

s-DSF_9847.jpg危険を敏感に察知して、母さんに伝えることも。

s-DSF_0667.jpg驚くほど成長が加速、桑の実めがけて、飛び上がることもできるようになりました。

s-DSF_1475.jpgいつの間にか、羽根もこんなに立派に。

s-DSF_1994.jpgこっちの子もこのとおり。

s-DSF_1559.jpg母さんが子供たちから離れる時間が少しづつ長くなって・・・・。

s-DSF_1561.jpg子供たちだけで行動する機会が多くなりました。

s-DSF_1996.jpgお昼寝も自分達だけで・・・。

s-DSF_1610.jpgでも、やっぱり母さんが傍にいると安心できるようです。

s-DSF_1592.jpg甘えん坊は、チャッカリ母さんとスキンシップ。

s-DSF_2169.jpg暮れなずむ頃、戻らぬ母どりを待ち焦がれて、呼び続ける甘えん坊。

s-DSF_0794.jpg生後ひと月を過ぎたころから、風に向かって羽ばたく姿を見かけるようになり・・・。

s-DSF_2029.jpg日毎に力強く、安定して・・・。

s-DSF_0791.jpg一週間も経った頃には、今にも飛びそうな様子に、慌ててカメラを構えることも多くなりました。

s-DSF_1464.jpgそして先日、助走後、一斉に母さんが飛んで行った方向を目指して飛び立ちました。

s-DSF_1322_20160811133835a24.jpg翌日、何事もなかったように大野池に戻っていた兄弟。3羽共に雄の兆候が見えるようになりました。もうしばらく、私達を楽しませてくれて、それから元気に南へと旅立つて行くことでしょう。