FC2ブログ






プロフィール

髭じい

Author:髭じい
 散歩道で気ままに写した写真を少しづつアップします。
 何時の日か、我がピンボケ写真館の「書棚」と呼べるようにと願っています。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



散歩道の虫たち(6)
 今年は、春の低温と夏の高温で、街の中心部ではハチ類をはじめ虫の飛来が少なかった気がします。自棄っぱちになって、ハエとカ以外は何でも撮りましたが、早いもので9月も末になり、まもなく虫たちの季節は終わりです。
 半年間、髭じいに付き合ってくれた愛しき虫たちです。
 
s-DSC_5215.jpgヤマトシジミチョウ 福島第一原発に近い地域で奇形が多く発見されて注目を浴びましたが、札幌では可憐で健康な姿を見せててくれました。

s-DSC_5863.jpgエゾイトトンボ 蛍光色でカラフルな姿がいいですね。メスの頭にオスの尻尾が乗っているのがなんともユーモラスです。

s-DSD_3605.jpgアキアカネ 夏に恋するのにアキアカネとは、これ如何に。北海道では盛夏に交尾する姿がよく見られます。ナツアカネとは明らかに違う種なのに・・・。

s-DSD_3687.jpg
s-DSD_3685.jpgナミアゲハ 出会いと別れ、早い話が、振られちゃったということです。シャッターチャンスと思ったのに、不甲斐ないヤツでした。

s-DSD_3661.jpgヒメアカタテハ 移動性が強く、毎年,ヨーロッパ北部とアフリカの間を旅することが知られています。日本では夏から秋にかけて関西以南から北海道に飛来するようです。こんな可憐な蝶のどこにそんなパワーがあるのでしょう。

s-DSC_9129.jpg
s-DSC_9130.jpgエゾスジクロチョウ カメラを近づけても全く気にしなかったので、「この指、とまーれ」 と言ったら、本当に止まってくれました。

s-DSD_4166.jpgハナアブ 花粉や樹液を食べるおとなしいアブです。仮面ライターのような大きな目がかわゆいーッ。

s-DSD_1568.jpg ハナグモの一種( ‘ω’)? 腹部だけしか見えないので確定できないのですが、初めて見たカラフルなクモでした。

s-DSD_2979.jpgハナグモ 獲物捕獲の瞬間です。待ち伏せするだけでなく、糸にぶら下がってハンティングするのには驚きました。この写真で学説が覆るかも。

s-DSD_1606.jpg体型はどこから見てもジガバチ。でも、顔つきは紛れもなくアブです。で、毒を持っているジカバチに似せた擬態アブでは・・・勝手な解釈ですが。

s-DSD_3201.jpgジガバチ これが本物です。でも、こんなカラフルなジカバチを見るのは初めて、新種かも( ◠‿◠ )。

s-DSD_1844.jpgマルハナバチ 自分の体重と同じくらいの 蜜を体内に保存して、足の花粉かごにもたくさんの花粉を入れて巣に持ち帰ります。腹部に毒針がありますが、自分から人を襲うことはありません。強くて優しい働き者です。でも、暑さにはとても弱いんです。

s-DSD_3065.jpgモンキチョウ グッドタイミング、でもピントがイマイチではねー( ;∀;)。

s-DSD_4353.jpg
s-DSD_3124.jpg ベニシジミ 可愛らしい姿に、モンキチョウもうっとりしてました。

s-DSD_3224.jpgオニグモ  網の中央に居るのは夜だけなので、こんな姿しか撮れませんでした。ところで、要らなくかった網を丸めて食べる習性、知っていましたか。省エネ狩猟に感動しました。

s-DSD_3248.jpgキイロスズメバチ 怖いもの見たさで、そっとシヤッターを。単眼の周りが黒いので判別できます。それにしても、この獰猛なハチがなんで「雀」なんだろうね。名付け親の顔が見たいよ、本当に。

s-DSD_3365.jpg
s-DSD_3235.jpgヒヨウモンチョウ
 自分の体と同系の色彩を好むようです。美しさを競うつもりなのでしょうか。

s-DSD_1848.jpgクジャクチョウ 素敵な名前ですね。 孔雀が羽を広げたような鮮やかな模様が翅いっぱいに広がっているので、どうしても後ろアングルになってしまいます。それに腹はまっ黒なんです。誰かに似て。

s-DSD_3727.jpgナナフシテントウ アニメのキャラクターなどで皆に愛される虫ですが、可愛げなイメージと違って肉食です。それに、敵に襲われると異臭と苦味のある体液で退散させることができるので、写真のように目立ちたがり屋が多いです。

s-DSD_3601.jpgアキアカネ ♦♫♦夕焼け小焼けの赤とんぼ、止まってほしい玉ボケの中に(字余り)、と歌っていたら、髭じいの思いの通りのホーズをとってくれました。いいヤツだなあー。

s-DSD_4189.jpgハリゲコモリグモ 脚の縞模様や長い針状の毛とつぶらな瞳が特徴。ハンティングの後の「どや顔」が愛らしいですね。

s-DSD_3425.jpgシオヤアブ ギンヤンマやスズメバチを一瞬に毒牙で倒して食べちゃう最強の昆虫とか・・。すごいヤツがいるんですね。撮したあと、図鑑で知ってブルブル(^-^;。

s-DSD_4416.jpg
s-DSD_4442.jpgカンタン
 姿も声もはかなげな印象ですが、茂みの奥に潜そむ警戒心が強いヤツなので、その名に反して簡単に見つけられません。この日も、声だけ聞いて諦めたとき、なんと我がカメラバックの肩当てに止まっていたではありませんか。総量1.7kgのカメラ肩手に当てずっぽうの自画撮りです。下手な鉄砲も数打ちゃー。それにしても疲れました。

s-DSD_4526.jpgオツネントンボ 他の虫たちがいなくなった雑草地の枯れ草に張り付いていました。なんと、北海道でも成虫のまま越冬するので、越年(おつねん)の名がついたすごい根性の持ち主です。春になると眼が青くなるそうですが、まだ見たことありません。来年、会いたいねー。


スポンサーサイト




遅れてきたオシドリ親子
 水鳥の母さん達が子育てを終えて飛び去って、寂しくなった8月下旬の北大大野池に、突然生まれたばかりの子ども8羽を連れたオシドリがやってきました。
 驚くとともに、この季節外れの親子をしっかりと見守っていこうと決意したのですが、しかし・・・・・。

s-DSD_2632a.jpg偶然に大野池に季節外れのオシドリ親子を確認。

s-DSD_2654.jpg池の周りの人に驚いたのか、母鳥は水草が生い茂る池の中央部に雛たちを集めて、神経質な鳴声を発しながら、そこから動こうとしません。

s-DSD_2707.jpg数時間後に、興味心の強い雛の一部が噴水近くに移動。慌てた母鳥は、雛たちをまとめて人のいない方へと逃げまどいます。

s-DSD_2647.jpgやがて、意を決したように沼に近い小川に向かって、水蓮の葉の上を猛ダッシュ。雛たちも必死に追いかけて行きました。

s-DSD_2731.jpgそしてあっという間に、薮に囲まれた小川に消えていきました。以来、再びこの池で親子を見かけることはありません。
 2週間経ったつい先日、風の便りに、3キロも離れたエルムトンネル付近で、子ども3羽を連れたオシドリが人を恐れて逃げまどっていたことを聞かされました。髭じいとしては、今はただ無事を祈るばかりです。  

今年の「だい・どん・でん」
 札幌大通まちづくり会社などが主催し、今年で14回目を迎えた「だい・どん・でん」。パフォーマンスカーニバルとして、しっかりと札幌の地に定着した感じです。
 今年は晴天に恵まれ9月6、7の両日、札幌市中心部の歩行者天国などで117組1550人の大道芸人やダンサーがパントマイムやマジックなど、さまざまな妙芸を披露ました。
 楽しみにしていたのに、髭じいときたら最終日の夕方になってようやく気が付き、急いで会場へ。到底よい写真など撮れるはずありません。数組の出し物と披露し終わった出演者などを写して、すごすご帰宅しました。

s-DSD_3774.jpg
s-DSD_3814.jpg
s-DSD_3831.jpg
s-DSD_3826.jpgこの娘さん達、昨年もお目にかかったが、グループ名「Teamくれれっ娘」だったかなぁー。大した問題ではないが。

s-DSD_3845.jpg
s-DSD_3851.jpgこの芸人、最後まで男か女かわからなかったのが心残り。

s-DSD_4046.jpg観客が集まってこなくて呆然とする芸人。かわいそー。

s-DSD_3882.jpg
s-DSD_3903.jpg
s-DSD_3919.jpg
s-DSD_3900.jpg
s-DSD_3872.jpgハワイアンには適した年齢層があることを発見しました。

s-DSD_3927.jpg
s-DSD_3979.jpg
s-DSD_3994.jpg
s-DSD_4018.jpg過っての美貌を彷彿させるグループ。一曲ごとに衣服を脱いでいたので少々心配でしたが、これが最後の一曲でした。よかったぁー。

既に出演し終えた芸人さん(?)達ですが、気軽に撮影に応じてくれました。
s-DSC_7435.jpg

s-DSD_3863.jpg

s-DSD_3864.jpg

s-DSD_3887.jpg

s-DSD_3889.jpg


散歩道の虫たち(5)
 白いモンキチョウと黄色いモンシロチョウ

 モンキチョウは黄色いチョウのはず。でも、メスの一部に白色系があるようです。どんなに白くとも、はねを閉じたときの前翅に黒紋・後翅に褐色で縁どられた白紋が見えたら、それはモンキチョウのメスです。
s-DSD_3127.jpg何時も見慣れているモンキチョウ
s-DSD_2824a.jpgこれも紛れもないモンキチョウです。

 黄色いモンシロチョウもよく見かけます。このチョウは前翅表面の黒紋が特徴で、とまった時に見える後翅裏面に紋はありません。いくら黄色くとも後翅には褐色で縁どられた白紋がなければモンシロチョウです。ちなみに、夏以降のオスに黄色が発生しやすいそうです。理由はわかりませんが。
s-DSC_7601.jpg典型的なモンシロチョウ
s-DSC_0830.jpgモンシロチョウに違いないのですが・・・。




散歩道の虫たち(4)
 最近まで黄色い「アゲハチョウ」は全てキアゲハと思っていましたが、偶然に昆虫図鑑で黄色い「アゲハチョウ」には2種類あることを知りました。よく見かける並のアゲハ「ナミアゲハ」と、少し黄色が濃い「キアゲハ」です。
 手元にある自分の写真で比較すると、色合いだけでなく確かな差異があります。見分けのポイントは前翅の付け根の模様です。白と黒の線がはっきりしているのが「ナミアゲハ」で、黒く塗り潰したようなのが「キアゲハ」。ご参考までに・・・・。

s-DSC_3239a.jpgナミアゲハ

s-DSD_3394.jpgキアゲハ