FC2ブログ






プロフィール

髭じい

Author:髭じい
 散歩道で気ままに写した写真を少しづつアップします。
 何時の日か、我がピンボケ写真館の「書棚」と呼べるようにと願っています。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



薄倖なマガモ家族
 今年、北大構内で無事に孵化したマガモは3家族(もちろん全て母子家庭ですが)でした。
 最初に大野池デビューしたのは7つ子の家族で、その次が2つ子、どちらも数日で大野池周辺から消え去りました。カラスやドブネズミに襲われて全滅したものと思われます。
気弱でおっとりした母ガモが子育てするには、環境が厳し過ぎるのかもしれません。昨年も無事に成長したのはたった1羽でしたし、ここ数年は薄倖な家族ばかりを見続けてきました。
 そんな中、8月に入って突如9羽の子を連れた3番目の家族が現れました。物怖じしない強気な母さんなので、今度こそは無事に育ててくれるものと期待しながら見守ったのですが・・・・。

s-DSF_1110.jpg池に続く小川に、生まれたばかりの子供を連れて出現。

s-DSF_1015.jpg自分の子供に近づこうならば、何者にも容赦なく攻撃するオシドリの猛母家族と遭遇。「やばい」と思った刹那、マガモの母さんがこの家族に猛然と襲い掛かったではありませんか。マガモがオシドリに向かっていく姿は、これまで見たことがありません。

s-DSF_5932.jpgそして、ポプラの綿毛が水面を覆う格好の餌場を子供たちのためにゲット。

s-DSF_1111.jpgお腹がいっぱいになったところで、池に向かって出発進行。すごい母さんですね。

s-DSF_1306.jpg無事に家族全員が大野池に到達。

s-DSF_1112.jpg以来、池を訪れる人や犬なを恐れることなく、池周辺で堂々と子育てを開始しました。

s-DSF_1144.jpg広いエリアで子供たちも元気いっぱい。

s-DSF_1282.jpg特に、水蓮の葉の上で遊ぶのが大好き。

s-DSF_1372.jpg水蓮の茎や葉についたアブラムシのような生物を好んで食します。

s-DSF_1239.jpgこのように母さんの指示どおり整然と子供達が行動したのは3~4日だけ・・・・。

s-DSF_0521.jpg池に慣れると勝手気ままに行動するようになりました。

s-DSF_1283.jpg迷子になって、ピーピー鳴いて母さんを呼ぶ子も。

s-DSF_1115.jpg自由奔放な子供達を何とかまとめて、日に何度か餌場や休憩場所を移動します。、子供たちの足取りも随分しっかりしてきました。

s-DSF_0412.jpgこんな仕草を見せるようになりました。でも、飛べるのはもっと先だし、それまで母さんから学ぶこと沢山あるんだよ。

s-DSF_1404.jpg母さんを先導する子も現れました。将来のリーダ候補カモ。

s-DSF_1281.jpg残念ながら、白い水蓮の中で仲良く遊ぶ姿を最後に、この家族も2週間以上姿を見せてくれません。
 ただ、子を亡くした母ガモの多くは、パニックに陥って、2日間ほど大声で鳴き叫びながら池や河川周辺を飛び回りますが、幸いそうした情報はありません。どこかで恙無く生てくれていると信じることにています。
スポンサーサイト




アカゲラ母子家庭の記録
 去年、見事なイクメンぶりを見せてくれたアカゲラ父さんが、今年も新たな伴侶を見つけて子育てに励んでいました。
 ところがある日、突然行方不明に・・・。巣を守るためにカラスとの激しいバトルを、幾度か目にしましたので、それが原因かもしれません。
 父さんに代わって、健気に子育てにまい進したアカゲラ母さんの頑張りに、心から拍手を送りたいと思います。

s-DSC_9058.jpg3月初めから、春の訪れを知らせるように、アカゲラのドラミングが北大キャンバスの森から聞こえていました。雪解けを待ちかねて観察に。枯れ木に向かって嘴をたたきつけていたのは、去年のアカゲラ父さんでした。

s-DSc_9111.jpg一方、エゾリスが越冬用に隠したクルミを次々に発見して、チャッカリごちそうになっている雌のアカゲラが、今年のヒロインです。

s-DSc_9120.jpg4月、雌の視線を気にしながら、今年も熱心に巣作りに励む父さん。

s-DSC_9170.jpgでも、今年は使い古しの巣のリューニアルのようです。大丈夫かな。

s-DSc_9171.jpg作業を見つめる目つきが厳しいぞ。

s-DSc_9172.jpgこれで完成。父さんは自信満々で、雌を誘導します。

s-DSC_9173.jpg近づいて、じっくりと観察。

s-DSC_9173a.jpg中に入って、住み心地を入念に確認。お気にめしてくれたようです。鳥の世界も、リューニアル・ブームかぁー。

s-DSc_9174.jpg以来、協力して内装工事も終えて、やがて抱卵も始まったようです。

s-DSF_6390.jpgと同時に、カラスの執拗な攻撃に会うことに。

s-DSF_3074.jpg身を挺して、巣穴を守る父さん。

s-DSF_4055.jpg母さんが巣穴に出入りするようになって半月、雛が孵ったようです。巣に餌を運ぶ夫婦の姿を見かけるようになりました。そして、やがて巣の中から、元気に餌をねだる複数の雛の声が聞こえるようになりました。

s-DSc_9178.jpg餌をせっせと運ぶ母さん。


s-DSF_3790.jpg巣の清掃に余念のない父さん。

s-DSF_2545.jpgところがどうしたことか、この映像を最後に父さんの姿がありません。

s-DSc_9255.jpg食欲旺盛な子らは、競い合って餌をねだります。

s-DSF_3782.jpg巣から体を乗り出して餌をほおばる子。母さんだけで、子供達の食欲に応じ切れるか、とても心配です。

<s-DSF_3794.jpgその上、父さんの役割だったカラスから巣を守ることもしなければ・・・。

s-DSc_9176.jpgそして、巣の清掃も・・・・。雌のアカゲラが子供たちの糞を咥え飛び立つのは、珍しいことです。

s-DSF_6012.jpgお疲れ気味なのが、遠目からも覗えます。

s-DSF_6439.jpgショッキングな映像ですね。ミイラ化した雛の死骸を必死に運び出す場面。

s-DSF_6565.jpg雛の鳴声が聞こえて2週間ほどたったころから、餌やりの回数が少なくなりました。

s-DSF_6755.jpg餌を持たずに巣の入り口に止まることも。巣立ちを促しているようです。昨年は父さんの役割でした。

s-DSF_7420.jpg時には美味しそうな餌を咥えて、巣の周りを飛び回ったり・・・。

s-DSF_7430.jpg少し離れた場所から呼びかけたりします。
s-DSF_7730.jpg最初の一羽が意を決したように、森の奥に向かって、一直線に飛び出して行きました。

s-DSF_7739_20160705151324619.jpgその2日後、最後のもう一羽は巣から地面に落下、少しづつ巣穴近くまでよじ登り、そこから、森へと飛び立ってきました。

  今も時々、森の奥からアカゲラの幼鳥と親鳥が鳴き交わす声が聞こえます。まだまだ、母さんの苦労が続いているのかもしれません。でも何はともあれ、髭じいとしては「ご苦労さん。ありがとう」の言葉を捧げたいと思います。


モデル撮影会
モデル撮影会は40年ぶりです。
「笑顔、こちらに下さい」なんてお願いして、頂いた職業的な笑顔をそそくさと撮るのはどうも、何よりもモデルに群がる中高年の中に自分がいる姿を想像するだけでアウトと、ずうっと思っていました。

なので、今回の写真サークルの撮影会も、あまり乗り気でありませんでしたが、モデル嬢が初々しい高校生だったことや、仲間内の気安さもあって、当日はけっこうはまってしまいました。 

直前に張り付けたおどろおどろしい「ハロウィン」の口直しに、撮影会でゲットしたショットを数枚掲示します。仲間の皆さんには、後出しジャンケンみたいで、少し気がひけるのですが・・・。

s-DSE_2810.jpg

s-DSE_2876a.jpg

s-DSE_3178.jpg

s-DSE_2963b.jpg

s-DSE_3060.jpg

s-DSE_2900c.jpg

s-DSE_3211.jpg

s-DSE_3073.jpg

s-DSE_3158.jpg

s-DSE_3058.jpg

s-DSE_3060b.jpg

s-DSE_3050.jpg

s-DSE_3053.jpg

s-DSE_3045.jpg

s-DSE_3149.jpg


キタキツネの家族
北大構内の農場にキタキツネが住み着いていることは、皆さん周知のとおりです。

普通キタキツネは、春先に3~6匹の子供を出産して、子育ては秋に自立するまで雌が行そうです。その間、雄は単独行動をして、子育てに参与しないとされています。でもここでは、今でも夫婦と子供2匹が仲良く暮らしているんです。この家族に惹かれてしまい、苦手な早起きと不順な天候のに挑戦しながら、彼らとの出会いを寝ぼけ眼で楽しんでいます。

ところで、野生のキツネには、食べ物を与えないのがベストですが、ここでも隠れて餌を与える人が数人います。注意しても、無視又は猛烈な反論に会います。生息環境の悪化を考えると、とても残念でなりません。

s-DSE_0454.jpgひとを恐れない父さんキツネ。餌やりおじさん、おばさんを待っているのかも。

s-DSE_0487.jpg早朝、人と犬の散歩を、じっくり観察する夫婦キツネ。

s-DSE_901.jpg天気のよい日は、警戒心の強い子供達ものんびり。

s-DSE_0907.jpgおもわずウトウトする子も。

s-DSE_0910.jpg子どもをしっかりサポートする母さんキツネ。

s-DSE_0924.jpg自分と同じくらい成長した我が子の顔を保清してやる母さんキツネ。

s-DSE_1001.jpg何故か、機嫌のよくない父さんキツネ。

s-DSE_1010.jpg近づくと叱られてしまった。

s-DSE_1471.jpg悪路を用心深く歩く夫婦。

s-DSE_1501.jpg父さんだけが恐い顔して、道路の反対側を通り過ぎていきました。

s-DSE_1654 雨でずぶ濡れに。

s-DSE_1655.jpgさすがの父さんキツネも悲しそう。

s-DSE_1668.jpgだからって、八つ当たりしないでもらいたいね。僕だって雨は嫌だッ。

s-DSE_1776.jpg晴れ渡った朝、子ギツネも嬉しそうにジャレ合っています。

s-DSE_1777.jpg親キツネのまねかも。

s-DSE_1778.jpg遊び疲れて、その場でお休み。

s-DSE_2050.jpgさっそうと牧場を疾走する父さんキツネ。

s-DSE_2074a.jpg母さんキツネに朝いちばんの挨拶。

s-DSE_2075.jpg夫婦のコミュニケーション、大切だよね。

s-DSE_2090.jpg作業目印のポールを引き抜いて歩く子ギツネ。農場のおじさん困るだろうに。

s-DSE_2502.jpg今日は父さんキツネのハンティングが見れそうな予感。

s-DSE_1489.jpg「やったー」と思ったのになぁー。へたくそッ。

s-DSE_2182.jpg気を取り直して、次のターゲットに・・・。

s-DSE_2534.jpgなんと、飛びつく前に逃げられてしまった。

s-DSE_2601.jpg未練タラタラ。

s-DSE_2555.jpg、そして、照れ隠しの大あくび。

s-DSE_2603.jpg「笑うな、お前やってみろ」と言わんばかりの開き直り。ひとさまから餌もらうような根性だから、この体たらく。反省しろよな。




はーるよこい、はーやく来い
 3月に入ってから、天候不順が続いていますね。 ここ数日は散歩も、買い物がてらの地下街の徘徊だけになっています。
 気持ちまで滅入りそうなので、「はーるよこい、はーやく来い」などと大声を出しながら、デスク上で春への想いを、グルグル回してみました。(✪‿✪)

s-s-DSC_0475a.jpg

s-DSC_0381.jpg

s-DSC_4617.jpg

s-DSC_4199.jpg

s-DSC_4565.jpg

s-s-DSC_0678a.jpg

s-DSC_0845.jpg