プロフィール

髭じい

Author:髭じい
 散歩道で気ままに写した写真を少しづつアップします。
 何時の日か、我がピンボケ写真館の「書棚」と呼べるようにと願っています。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


オシドリの季節(1)
 一面雪に覆われていた大野池に水面が顔を出すと、それを待ちかねていたように、今年もオシドリやってきました。
 池周辺で髭じいが目視できた数は、雄が7羽と雌が4羽。例年にも増して雄の競争率が激しいようです。

 嬉しいことに、粗野で未熟なバンダーに標識を付けられ、足を痛めてしまった昨年の雛鳥が立派に成長して、4羽もの雄を引き連れて帰ってきたことです(以下この雌鳥をリングちゃんと呼ぶことに)。
 それに、生まれたばかりの雛を、カラスに捕られて全滅した大野池のマドンナ、失意のブローチちゃんも、雄とペアーを組んで帰ってきたとのことです。

 今年もこの小さな池を舞台に、恋の駆け引き、雌同士の巣の奪い合い、逞しい子育てなど感動のドラマが展開されそうです。

 s-5.jpg5~6羽が群れて、わいわいガヤガヤと沼の上を旋回し、その一部が水面に降り立ちます。

s-DSF_0221_00001.jpg華麗に着水(そうでもないか)。

s-4.jpgそして、柔らかい初春の朝日に向かって羽ばたき。

s-0.jpg池の周りの残雪が水面に反射して、雄の美しさを際立たせてくれます。この時期ならではの光景です。

s-6.jpg雌は声高に鳴きながら舞い降りました。

s-2.jpgとりあえず、雄の近くによいしょっと・・・。

s-DSF_0500_00001.jpg人を気にすることなく、岸辺付近で体を休めます。この地で生まれ育ったのかもしれませんね。

s-3.jpg一方、雄は人の気配を感じると、沼の中央や対岸に移動します。

s-DSF_0714_00001.jpg沼の中央部は時折強い寒風が走り抜け、沼面に絶妙な紋様を生じて、季節感を漂わせてくれます。

s-DSF_9802_00004.jpg飛来して1週間ほど経つと、雄も雌に誘われて岸辺近くに来るようになりました。

s-DSF_0238_00001.jpgやがて、日当たりの良い水辺で憩う姿を見かけるように。

s-DSF_0211_00001.jpgそこに忍び寄る怪し気な影が。

s-1.jpg早くも恋のバトル開始です。

s-DSF_0144_00003.jpgこの日も雄雌の数が合いません。

s-DSF1_201705151727052a0.jpg川辺では、こんなモテモテの雌も。冒頭に紹介したリングちゃんです。

s-DSF2_20170515172706c7a.jpg『何事も過ぎざるは・・・・』の諺どおり、良いことばかりではありません。一羽の雄に好意を見せると・・・。

s-DSF3_2017051517270830e.jpg他の雄がやきもちを焼いて、なかには『可愛さ余って憎さ百倍』、リングちゃんに襲い掛かる輩も。

s-DSF4_20170515172709f06.jpg羽根に噛みつかれ、悲鳴を上げるリングちゃん。

s-DSF5_201705151727106ee.jpg他の雄が中に入ってことなきを得るも、怒り収まらぬリングちゃん。「バカ・バカ、お前なんか一番嫌いさ」と叫んでいるようです。呆然とたたずむ右側の雄、なんとなく身につまされます。

s-DSF6.jpgところ変わって、別の雄がリングちゃんにプロポーズ。

s-DSF7.jpgそれに気づいた他の雄が怒り心頭。大野池が激しいバトルの場に。

s-DSF8.jpg互いに攻撃を繰り返すこと数分。

s-DSF9.jpgプロポーズした雄が逃げ出しました。

s-DSF10.jpgその隙にリングちゃんに言い寄る別の雄。たまらずリングちゃんも逃走。以来、しばらく姿を見ませんでした。

s-DSF_2560_00002_201705161444330a2.jpgペアーが成立した他のカップルは・・・。

s-DSF_2525_00001_20170516144435b00.jpg確認のご挨拶のように、交互に首を上下させて

s-DSF_2528_00004_201705161444372d8.jpg雌が受け入れの態勢をとって、その上に雄が乗ります。

s-DSF_2531_00007_201705161444394e7.jpgこれを日に何度か繰り返すのが、おしどり流交尾です。

s-DSF_2658_00002_20170516144439236.jpgこちらでは、雌が雄を誘っています。

s-DSF_2666_00004.jpgオシドリの場合、雄よりも雌の方が積極的なようです。

s-DSF_2671_00005.jpg他のカモ類(かなり乱暴)に比べて、雄はとても紳士的です。

s-DSF_1467_00002.jpgこの時期、オシドリ夫婦にとって、産卵のための洞の確保が死活問題です。しかも、北大構内では必要以上に大木の伐採が行われており、オシドリの住宅難は年毎に厳しさを増しています。

s-DSF_0555_00004.jpg雌同士がお互いをけん制しあい、時には格闘もどきの争いをしながら物色します。

s-DSF_1543_00006.jpg複数の雌が、入れ替わり立ち代わり訪れた結果、結果的に利用されない洞もかなりあります。天敵のカラス対策ができるか、雛を無事に安全な場所に誘導できるかなどが、点検ポイントと思われます。

s-DSF_0535_00001.jpgこれまで使用された形跡がない洞ですが、今年は・・・。

s-DSF_0322_00002.jpg昨年まで見向きもされなかった巣箱に、数羽の雌が群がる場面に遭遇。かなり激しい奪い合いでした。それだけ住宅難が深刻なのかもしれません。

s-DSF_1379_00004.jpg雌同士の小競り合いを、近くの枝から心配そうに見つめる雄。時には奪い合いに参戦することもあります。

s-DSF_2187_00001.jpg5月初旬、それぞれがしがらみを乗り越えてペアーを形成、落ち着きを取り戻したかに見えた河川の外れで、大声でいがみ合うオシドリを発見。リングちゃんを巡っての2羽の雄の戦いでした。とはいえ、リングちゃんは既に相手を決めているのに、それを良しとしない雄が、しぶとくストーカー行為に及んでいるといった図式のようです。

s-DSF_4014_00001.jpg「あんたは嫌いなの、邪魔しないで」と、リングちゃんが猛烈に抗議。

s-DSF_2348_00002.jpgリングちゃんの声援を受けて、襲い掛かる雄。ストーカー君はサッと体を躱して、距離をおきますが・・・。

s-DSF_3458_00001.jpgほどなく近間の岩陰から様子を覗っています。何としても、リングちゃんを諦められないようです。

s-DSF_2469_00001.jpg池に現れたリンクちゃん夫婦がが交尾の体制をとると、すかさずストーカー君が邪魔をします。

s-DSF_2483_00003.jpgすわぁー、バトル開始と思いきや・・・・。

s-DSF_2006_00003.jpgストーカー君、さっと体を躱して、逃げだします。

s-DSF_4027_00002.jpg河川に戻っても追いかけごっこが続きます。

s-DSF_4030_00003.jpgこの日も陸上でストーカー君が追いかけられていました。

s-DSF_4035_00001.jpg諦めきれず、木の上からリンクちゃんをじっと見つめるストーカー君。ここまで徹底されると、ひげ爺としては憐憫の情が沸いてしまい、「他に選択肢がないのかね」と声の一つもかけたくなります。

s-DSF_4705_00006.jpg5月中旬、抱卵の季節を迎え、大野池周辺で雌の姿を見ることはほとんどなくなりました。それに伴い、手持ち無沙汰気の雄が群て行動する姿を目撃する機会が多くなりました。「昨日の敵は今日の友」か。

s-DSF_4723_00005.jpg一列縦隊で散歩する姿も。なんともユーモラスな光景です。

 あと2週間もすると、雛を連れて雌鳥が大野池に戻って来るはず。そろそろ、秋に1羽でも多くの若鳥が南に向かって飛び立つことができるよう、カラス撃退策も考えなければ。

     世の中に 絶えてオシドリのなかりせば 初夏の心は のどけからまし (ほぼ盗作)
 
スポンサーサイト

キタキツネ今年の恋は・・・・・後編
 この冬、前編の放牧地に隣接する大規模な農地で、しばしば別のキツネの姿を見かけました。しかしこのキツネ、とても警戒心が強く、カメラを向けようものならば、脱兎のごとく遠くに逃げてしまいます。

 ようやくカップルが成立て安心した矢先、なんと雌キツネの関心がこの神経質なキツネの方にに移ってしまったのです。
 おかげで、遠くの街並みまで見渡せる大雪原を、重たいカメラと短い足を引きずりながら這いずり回る羽目に。 老の身に 労のみ多き 覗きかな 

s-DSF_4248.jpg彼が雌ギツネの新たなターゲット。迷惑そうに、こちらををにらんでいます。

s-DSF_4008.jpg雌キツネもかなり離れた場所から、慎重に様子を覗います。

s-DSF_5863.jpg3日後、その距離が微妙に縮まっていました。

s-DSF_4035.jpg翌日には、雄ギツネに追いかけられる(又は追いかけさせる)姿を目撃。

s-DSF_6388.jpg若いキツネの元にも時々立ち寄りますが、雄ギツネの気配を察すると、サッサとそっちの方に行ってしまいます。

s-DSF_4042.jpgそして、ご覧のようなスキンシップ。若いキツネはそれを見ると、何事もなかったように自分の塒に帰ります。

s-DSF_4112.jpg雌キツネがこの農地を訪れるようになって2週間ほど経ったある日、雄ギツネが強引にアプローチする場面に遭遇。

s-DSF_4114.jpgしばし、猛犬の喧嘩のような声を発しての攻防が続いて・・・・。

s-DSF_4113.jpg最後は、雌キツネが猫パンチならぬ、キツネパンチ👊を浴びせ・・・。

s-DSF_6374.jpg一目散に退散。若い雄と勝手が違うので、慌てたのかもしれません。

s-DSF_5868.jpg翌朝、何事もなかったように雄ギツネにくっ付て歩いていました。

s-DSF_5854.jpgそれに、こんなラブラブな姿も。上向きに寝ているのが雌キツネです。ちなみに、このカップルの雌雄の識別は、尾の先っぽです。先端が真っ白いのが雄、灰色っぽい方が雌です。

s-DSF_4028.jpg2月中旬の早朝、いい雰囲気が漂い・・・・。

s-DSF_4016.jpg雄ギツネの優しい愛撫に、まんざらでもなさそう。

s-DSF_4027.jpgさらに、雄ギツネが執拗にアピール。

s-DSF_4025.jpg今度は雌キツネが受け入れ、めでたくゴールインか。

s-DSF_8060.jpgひと月後、柔らかい日差しを受けてくつろぐ雌キツネ。あれー。

s-DSF_8061_201704191101169ab.jpgおっぱいがハッキリ見えます。若いキツネ・神経質なキツネどちらの子かは分かりませんが、妊娠間違いなし。

s-DSF_8191.jpg若いキツネには強引に、神経質なキツネには科を作って恋を成就させた雌キツネ。その後は、「関係者以外立ち入り禁止」のゾーンで、出産に備えている様子で、なかなか会えません。金網越しで数回見かけただけです。

s-DSF_1402_00001.jpgもう今頃は出産期を迎えたはず。髭じいとしては、ゲート前から無事な出産を祈るとともに、子供をつれた雌キツネに再会できる日を、髭をながーくして待つばかりです。



キタキツネ今年の恋は・・・・前編
 
 数年間冬期を過ごした放牧地から母さんキツネが姿を消して1ヵ月、既に恋の季節到来なのに、若い雄キツネがのんびりと母さんキツネが使っていた塒で過ごしていました。
 この分では、今年はもう恋のドラマに立ち会えないとものと諦めかけていた矢先でした。意外や意外な展開が・・・。

s-DSF_4665.jpg放牧地全体を見渡すことができ、三方の森に続く安全・安心な塒です。

s-DSF_6741.jpg1月末、放牧地をじっと観察する見慣れないキツネ。

s-DSF_7072.jpg日を追って慎重に間合いを詰めている様子。

s-DSF_3272.jpgついに、若いキツネのテリトリーに侵入。先ずは無関心を装って、通り過ぎ・・・・。

s-DSF_3286.jpgしばらく時間を置いて、微妙な距離で位置取り。若いキツネは、瞼をぴくぴくしながら寝たふり。侵入者が人や車の気配を察して放牧地を後にするまで、間双方ともに目を合わせることはありませんでした。

s-DSF_8964.jpg2日後、侵入者が大接近。

s-DSF_8966.jpgなんと、若いキツネが子犬のようにキャンキャンと鳴き騒いただめ、侵入者はすごすご退散。若造とはいえ、軟弱過ぎないかな。

s-DSF_8812.jpg数日後、侵入者の前で固まってしまった若いキツネを発見、髭じいも死んだふりをして、息を殺して観察。

s-DSF_8817.jpg何かをそっと語り掛ける侵入者。

s-DSF_8815_20170407141701135.jpg背中を優しく擦って・・・。

s-DSF_8816.jpg後ろから抱きつかれた途端に、悲鳴を上げて逃げ出してしまいました。ああーあ、しっかりしろよな。

s-DSF_3956.jpgそして、粉雪降り注ぐ寒い朝、放牧地の外れで、哀れっぽい鳴声。やっぱりあの2匹でした。

s-DSF_3954.jpg腕に噛みついて脅したり・・・。

s-DSF_3955.jpg怯える若いキツネにそっと寄り添ったり、雄心を知り尽くした言い寄り方なのかも。

s-DSF_3968.jpg侵入者の努力で、ついに心を通わせあった様子。あとはめでたく結ばれるのを祈るばかりです。

s-DSF_9213.jpg日の出とともに、仲良く雄キツネのテリトリーを散策。

s-DSF_3996.jpgもう、雌キツネのスキンシップを恐れたり嫌がったりしてませんね。

s-DSF_4002.jpgそして、お返しのキッス。雌キツネも満足そう。

s-DSF_7838.jpg雄キツネの塒でこうした光景をしばしば見かけるように。ここまでくると期待は大きく広がります。

s-DSF_6890.jpg人目も憚らず愛撫を受ける雄キツネ。

s-DSF_6885_20170415124129cb9.jpg髭じいのニアミス、雌キツネを怒らせてしまいました。それにしても、締まらない雄キツネの表情、しっかりしろよ。

s-DSF_6909.jpgそして、放牧地の中央、待つこと1時間。髭じいの予感通り・・・・。

s-DSF_4353.jpg雄が意を決してアタック、雌キツネもビックリ顔。

s-DSF_4351.jpgよしよし、若造もやるときはやるんだ。見事ゴールイン。

s-DSF_4347.jpgともあれ、カップルの成立を祝して、はいポーズ。雄キツネの顔が「どうだ、まいったか、髭じい」と語っているようですね。
 でも、想定外の展開が恋路の常。どんでん返しの第2幕が待っているのです。
 後編に続く。

キタキツネの子別れ
北海道では、母キツネが夏の終わり頃、突如として荒々しくわが子を本気で噛みついたりして巣穴から追い出します。子別れの儀式です。子ギツネはとまどいながらも、新しい土地へ散って行き、厳しい自然の中で独り立ちするとされています。
  しかし、北大構内では少し様相が異なります。母さんキツネが発情期を迎える1~2月まで、子ギツネがまとわりついて母キツネを困らせることもしばしばです。時期外れとなりましたが、半年間の親子の攻防を振り返ってみます。

s-DSF_2873.jpg6月初め、母さんキツネが「関係者以外立ち入り禁止」のエリアで育てていた2匹の子供を連れて、北大農場に姿を見せるようになりました。

s-DSF_3171.jpg以来、母さんキツネはスパルタ教育教育を開始。でも子供は遊び半分で、なかなか言うことを聞きません。

s-DSF_3363.jpg今日は母さんキツネの説教。

s-DSF_3960.jpgもう9月、体は大きくなっても、甘えん坊ぶりに変化なし。

s-DSF_3720.jpg母さんキツネも、「いい加減にしなさい」と怒るが、噛みついたり遠くまでおいかけたりはしません。

s-DSF_3365.jpgそおっと母さんに近付き・・・。

s-DSF_3080.jpgおんぶ?。

s-DSF_3387.jpg猛烈に怒った母さんキツネ、この時ばかりは農場の外れまで追いかけていきました。

s-DSF_3993.jpg秋気漂う農場の外れで、不安そうに過ごす兄弟。よその子はもう自立してるのに。

s-DSF_4754.jpg初雪が降った11月のはじめ、未練がましく母さんキツネに近付く、子キツネ。

s-DSF_4758.jpg威嚇する母さん。

s-DSF_4510.jpg名残惜しそうに去っていきました。もう見かけは立派な雄キツネなのに・・・。

s-DSF_4931.jpg11月半ば、北海道は既に冬たけなわです。子ギツネがじっとみつめるのは、母さんが数年間、冬期の塒にしてきた3方を林に囲まれた1ha程の放牧地。まだ、母さんが恋しいとは・・・。

s-DSF_7063.jpg気配を察して、体全体で威嚇する母さんキツネ。

s-DSF_7067.jpgそれでも、少しづつ間を詰めて、母さんの傍に・・・。

s-DSF_7097.jpg唸り声を立てて叱る母さん。

<s-DSF_7090.jpgもう一匹の子ギツネも駆けつけて、母さんにスキンシップを強請る。

s-DSF_7096.jpgたまらず悲鳴をあげて逃げ出す母さん。

s-DSF_7087.jpg嬉し気に母さんの後を追う兄弟。親の心知らず。

s-DSF_7098.jpgこの日を最後に、母さんキツネは、このエリアから姿を消しました。以来、北大構内でその姿を見かけていません。優し過ぎる母さんの子別れか。
 尚、時々このエリアに現れるキツネは、何となく兄弟のどちらかのような気がしますが、それも定かではありません。

散歩道の野鳥(冬)
 「最近、ブログ更新してないけど…」、これで3人目。どうやら仲間内では、ブログ更新の間隔が髭じいの健康バロメーターのようです。
 実際は、ここ2~3カ月のエゾリスとキタキツネの類似写真がハードデスクに満杯で、どこから手を付けてよいのやら、半ばお手上げ状態なだけで、健康的には問題ありません。

 心配する仲間が増えて、言い訳に苦労することになりかねませんので、場つなぎ(><;;ゴメンネ)に、散歩の道すがらに撮った野鳥を張り付けてみます。

s-DSF_2807.jpgアトリの雄 北海道ではナナカマドに群れてやって来る冬鳥。春になると花々を食べつくしてしまうため、花取り(カトリ)と呼ばれたのが名の由来とのこと。今冬飛来が多いと新聞で読んでいたので、すぐに見つけることができました。

s-DSF_2793.jpgこちらはアトリの雌 雄よりオレンジ色が薄いので区別できます。同じスズメ科ですが、街中のスズメよりもヒトに対する警戒心が薄弱なので、容易に近づけました。

s-DSF_2695.jpgハチジョウツグミ 体の下面が赤橙色で淡褐色の縁取りがある亜種のツグミで、日本ではきわめて数が少ないとのこと。北大構内での撮影時に何時も会う仲間が見つけてくれました。

s-DSF_9805_20170206104813179.jpgツムギ こちらはよく見るツムギです。ハチジョウツグミとの比較のために貼り付けました。体全体がかなり黒っぽい茶色なので違いがわかります。話によると、中間色のヨジョウハンツグミもいるとのこと。八丈の半分くらいということで四畳半とは、笑えますよね。

s-DSF_2766.jpgウソの雌 古くは人間が吹く口笛のことをオソと呼び、この鳥の鳴き声が口笛のようなのでウソとなったとか。 高い梢に群れているのをよく見かけますが、遠すぎてシャッターチャンスを与えてくれません。カメラを構えて樹上を飛び回る鳥影を追いかけているうちに船酔いを起こしそうです。決して嘘はつかない善良な鳥だそうですが、髭じいには苦手な鳥です。

s-DSF_2714.jpgウソの雄 頬、喉が淡桃色をしているのが雄なので、遠目にも区別が付きます。ソメイヨシノの芽を好んで食べるため、桜の名所ではカラスの模型を設置したり爆竹を用いたり、ウソ対策に頭を悩ますそうです。やっぱり善良とはいえないようですね。

s-DSF_6866.jpgヒヨドリ ぼさぼさ頭のやたらと声の大きい鳥。声ばかりではなく態度も大きく、実のたわわな木を集団で独占して他の鳥を威嚇します。威嚇だけでなく、他の鳥を嘴で突き殺すこともあるとか。北大構内では周年見られますが、分布がほぼ日本国内に限られているため、海外のバードウォッチャーにとっては憧れの野鳥らしいです。

s-DSF_9958.jpgアカゲラ雄 今年、目近にアカゲラに会ったのは初めてです。昨年、1昨年と子育ての様子を観察したのですが、2年とも雄が痛々しい金属足環を付いていました。このアカゲラに足環がないので今まで観察した父さんアカゲラではありません。今春、 新しい家族の子育てを観察できるかも・・・・。

s-DSF_3303.jpgアカゲラ雌 数日後、同じ森で雌のアカゲラを確認できました。こちらも足環がないので、去年の母さんではありません。

s-DSF_2697.jpgシジューカラ 背中から翼にかけて青みががかった灰色と黒色、喉から下には黒い縦線がネクタイのように入ってい.ます。このネクタイが太ければオス、細ければメスです。甘いオンコの実を食べつくして、いまはエゾマメリンゴの木が餌場になっています。
s-DSF_3929.jpgところで、北大構内では、かなりの割合でシジューカラに足環やフラッグが付けられています。一年中観察できる留鳥なのに何故そんなに標識調査の必要なのでしょうか。山階鳥類研究所への不満が募ります。

s-DSF_8981.jpgゴジュウカラ 嘴から眼を通り側頭部へ続く黒い過眼線が特徴です。尾羽が短くてずんぐりしているいるのに、木の幹を下を向いて下りてくる得意技を身に着けています。 「むずかしや どれが四十雀 五十雀」と一茶の句が残っていますが、区別はさほど難しくありません。

s-DSF_8042.jpgヤマガラ 顔の色彩バランスに愛嬌があって、腹部がきれいな赤褐色をしているので、この鳥も見間違うことはありません。ヒトになれやすく芸を仕込むこともできます。神社の前でおみくじを引く芸をみせることのできたのはヤマガラだけだったとのことです。

 s-DSF_0029.jpgハシブトガラ ハシブトガラとコガラは一卵性双生児並みにそっくりです。北海道ではハシブトガラが圧倒的に多いので、ハシブトガラとすれば間違いは少ないとのことです。でも、白黒は付けなければね。頭と喉に光沢があればハシブトガラ、だが水浴びなので断定は無理。嘴が太く併せ目が白っぽければハシブトガラ、白っぽい気がするが太確信持てず。尾の先が角張っていれば、(・_・D フムフム、少し自信ありか。あっそうか、体型もそうだが寒中水浴びるのは水辺を好むハシブトのはず。これで決まりにしましよう。
 根拠希薄につき、もし間違っていれば、ご指導願います。

s-DSF_7494.jpgミヤマカケス 北海道だけに棲む留鳥で、頭頂部が本州のカケスは白なのに対してミヤマカケスは茶色です。全体的にカラスの仲間とは信じられないくらい美しく、腹部の白さが目立つのも特徴です。髭じいが子供のころは、人家の近くで何時も見ることのできる鳥でした。

s-DSF_5507.jpgドバト 校舎の屋上に整列して夜明けを迎えるドバト。バードリサーチニュースによると、国内のドバトは(1)飼い主に放し飼いされているもの.(2)飼い鳩が飼い主のもとに戻なかったもの.(3)野生のドバトから生まれたものがいるとのことです。要は家畜化されたたカワラバトが再び野生化したということでしょう。野生化した彼等の遺伝子が、遥か中央アジアの乾燥地帯を思い起こしているような光景でした。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。